6年間使うランドセル

ランドセル

刺繍を入れるのか考え直す

女の子の喜ぶランドセルにするために刺繍を入れれるようになっています。しかし、刺繍を入れることでランドセル本来の機能が発揮できない場合があるのです。また、発揮できない理由も知って刺繍を入れるのかを決めてみてはいかがでしょうか。

水の侵入を防げない

雨で濡れると刺繍部分からランドセルの中に水が侵入してくる場合がでてきます。また、どれだけ防水機能が高いランドセルでも刺繍部分は防水できないのです。

強度が弱くなる

刺繍をすると針穴が増えます。そうなることで、針穴から裂けていく可能性が高くなるのです。裂けることでランドセルの強度が弱くなると言えるでしょう。

小学校高学年までのことを考える

小学校に入る時は喜んでいたデザインでも高学年になると好みが変わることがあります。そうなることも考えるとシンプルなデザインが良いでしょう。

ランドセルの手入れ方法

水に濡れたらタオルで拭く

ランドセルが濡れた状態をそのままにしておくと劣化してしまいます。また、革が固まってしまい割れてくる可能性もあるでしょう。ですから、水に濡れた場合はタオルで優しく拭くことが大切です。

背中側の手入れも忘れない

ランドセルの背中側は汗で濡れることがあります。その為、汗で濡れていたらタオルで拭き取って室内の風通しが良い場所に置くようにしましょう。

人工皮革の手入れ

人工皮革のランドセルは、耐久性に優れているので基本的に手入れをしなくても問題ありません。しかし、落ちにくい汚れがついた時は中性洗剤をつけたタオルで水拭きして下さい。

牛革やコードバンの手入れ

牛革やコードバンは、艶が落ちやすくなります。ですから、艶を蘇らせるために保革クリームを塗りましょう。そうすることで、綺麗なランドセルを保つことができます。

ランドセル内の手入れ

ランドセルの中はほこりなどが溜まりやすくなっています。その為、ブラシなどでほこりを取るようにして下さい。また、鉛筆などの汚れは消しゴムや洗剤をつけた布で拭きましょう。

広告募集中