ランドセルに関すること

小学生

ランドセルを選ぶ注意点

ランドセルは様々な種類があります。ですから、選ぶ時には注意点を押さえておく必要があると言えるでしょう。注意点を押さえてお子さんが無理なく使い続けれるランドセルを見つけて下さい。

READ MORE
ランドセル

6年間使うランドセル

最近のランドセルは刺繍を入れたりして可愛いランドセルを作ることができます。しかし、刺繍を入れる時はいくつか知っておくべき点があるので、把握した上で入れるようにしましょう。

READ MORE

入学前に揃えておきたい持ち物ランキング

no.1

ランドセル

小学生といえばコレ!ランドセルは小学校に上がるお子さんには欠かせないアイテムになります。通学時には教科書などの荷物を入れる鞄として役立ちますが、転倒した際に小さな身体を守ってくれる役割も担っています。

no.2

筆記用具

学校によってはシャープペンシルが禁止されることもあるので、出来る限り鉛筆を購入しておかなければいけません。その他にも下敷きや筆箱など、学習のための筆記用具は必ず必要になります。入学前に揃えておきましょう。

no.3

学習机

自宅で宿題などを行なう時、専用の学習机があると便利です。テレビや漫画などの誘惑が多い部屋でも、学習机に向かうことで集中する姿勢を身につけることが出来ます。大学生になるまで使用することも珍しくありません。

no.4

布製の袋

体操服や上履き、またはお弁当箱などを入れるための布袋は必需品です。通学時にはランドセルにぶら下げることもありますが、手に持つタイプだと様々なシーンで重宝します。布袋はいくつか揃えてあげることが大切です。

no.5

レイングッズ

通学時に雨が降ることに備え、レイングッズを準備しておきましょう。傘も必要ではありますが、低学年は手が塞がってしまうと怪我のリスクが高まるため、可能であればカッパがあると便利です。雨靴も購入しましょう。

ランドセルの選び方

素材

ランドセルの素材には人工皮革と牛革とコードバンの3種類があります。また、素材の違いによって軽さや背負いやすさが異なるのです。

デザイン

最近のランドセルは様々なデザインが増えてきています。ですから、お洒落に敏感な女の子でも飽きがこなく使い続けることが可能になるでしょう。

色味

ランドセル選びで最重要となるのが色になります。また、ランドセルには時代によってトレンドがあるのでお気に入りの色を選ぶようにしましょう。

耐久性

ランドセルは一度購入すると小学校6年間使い続けるものです。その為、ランドセル選びをする時は壊れやすい部分が丈夫かどうかを確認しておく必要があります。

軽量

最近のランドセルは軽量化が進んでいます。軽量化になることでお子さんへの負担も減るのでできるだけ軽いものを選ぶようにして下さい。

[PR]

ランドセルは女の子のために作られている!
楽々背負えるものが登場★

1年生になる準備

キッズ

職人が作るランドセル

機械化が進んできている現代でも職人の手で一から作り上げるランドセルが人気です。手作りのランドセルは、職人が愛情を込めて作っているので丈夫で安心ができます。

ランドセルが作られる工程を知る

ランドセルを手作りで作っているといってもイメージが沸きにくいと思います。ですから、ランドセルができるまでの工程を知ることで安心感が増して手作りランドセルの良さが分かるようになるでしょう。

細かな部品を作る

ランドセル作りでまず始めに行うのが皮を型に合わせて切っていきます。そして、切った皮で細かな部品を作るのです。

部品を組み立てる

細かな部品ができれば、次に部品の組み立てになります。組み立ての際には、少しのずれが重なることで大きな歪みに繋がるので細かい作業となるのです。また、壊れやすい肩ベルトなどは縫って頑丈にします。

最後に仕上げをして完成

仕上げでは細かな場所まで最終確認をしていきます。最終確認をして問題がなければ包装して完成になります。こうして安全安心なランドセルができるのです。

広告募集中